スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お腹からペン、ナイフ、ボルト、ネジ、有刺鉄線、クギ…金属を食べた男性
え…??なんで?!としか言いようがないこの事件。ペルー北西部の海沿いにあるトルヒーヨに住む男性、ルイス・サラテさん(38)が、激しい腹痛を訴え、家族が病院に担ぎ込んだ。医師がサラテさんの胸部エックス線を撮ったところ、体内にはネジのような物体が複数写ったという。
というか、ネジだけではなくお腹からペン、ナイフ、ボルト、ネジ、有刺鉄線、クギなども、大量に発見された。


サラテさんを手術した外科医の一人、フリオ・アセベド医師によると「これらの金属で、彼は腹がふくらんでいた」という。

しかし、この男性は、精神疾患を患っていたらしく、なぜこんなものを食べたのかはまだ、わからないらしい。

これは、記憶にないってことなんでしょうか。
記憶にないまま、金属を食べちゃって、おなかが金属で膨れてた…なんて怖すぎる。
ホラーですよね……。

しかし、ネジ、ボルトあたりはまだわかるけど、ナイフとか、有刺鉄線…どうやって食べたんだろう?? 理由も分かんないし、食べ方もわからないし、謎が多すぎる。

ナイフ食べて「おなか痛い…」ってそりゃそうだろ(笑)


どうやって、食道とか通ったんでしょう。
人体は不思議ですね。

でもこの男性、緊急手術で助かったみたいでよかったです。
医学はすごいなぁ、と改めて思いました。

お腹からペン、ナイフ、ボルト、ネジ、有刺鉄線、クギ…ペルーの男性
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080714-00000001-sph-soci

お腹からペン、ナイフ、ボルト、ネジ、有刺鉄線、クギ…ペルーの男性

http://news.livedoor.com/article/detail/3727818/
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 気になるニュース速報. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。