スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電子書籍端事業からソニー・松下撤退
松下電器産業とソニーともに、専用端末を使った電子書籍から事実上撤退することが決まった。

両者とも2003年頃から、電子書籍市場に本格参入していたらしい。
むしろ今までよく続けてきたものだと思ってしまった。実際、電車の中などでも使っている人を見たことがない、この電子書籍。

電子書籍が市場に出だした頃は、よくニュースにもなっていて、「もう紙を使った書籍は消えるんじゃないか?」とか言われてましたね。

でも、もちろん書籍は消えていないし、消える気配もないですよね。
そりゃあ、昔に比べたら、書籍の需要は減ってきたのかもしれないけれど、本は本、ですから。

もし内容が同じでも、電子書籍とは、やはり違ったものなんだと思います。

さて、電子書籍ですが、初めて値段を知りました。四万円とかですか?!
すごく高いですよね……。もっとお求めやすいお値段にしたら、もうちょっと売れてたんじゃないですか?!
なんか、重そうだし、値段も高そうだし…で、誰も手を伸ばしたがらない理由がわかりますね。

実際、携帯電話やDSで漫画や小説を読む人はけっこういるみたいですから、電子書籍は軽量で、しかも安くないとダメみたいですね。

携帯の漫画は月額数百円で読めるみたいですし、DSはソフトも安いですからね。



電子書籍端末売れず──ソニーと松下が事実上撤退
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080702-00000011-zdn_n-sci
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/01/news122.html


関連記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/21/news015.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0403/24/news036.html
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 気になるニュース速報. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。