スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女子中学生キックで熊退治、キャンプの危機を救う
なんだか漫画みたいな話ですね(笑)
場所は北海道羅臼町で、キャンプ場にヒグマが出没し、北見市の5人家族が寝ていたテントを襲いに来たようです。中標津署によると、ヒグマは外からテントを押し続けたが、長女の中学生(12)が足蹴りなどで反撃すると、クマはそのまま退散したらしいです。長女の中学生は寝ぼけており、妹のいたずらと勘違いして、クマに足蹴りをくらわせていたみたいです。
とはいえ、クマはけっこう本気だったみたいで、テントの一部が裂けていたと記事にありました。

知らないからこそできたことですけど、クマに足蹴りとはすごい。クマも、「ちょっとこいつはやめとこう」って思ったのかもしれませんね。

しかし、これがなにもなかったから笑い話ですんでいますが、一歩間違ったら大惨事に発展していたかもしれません。
キャンプ場はヒグマの出没で現在は閉鎖しているみたいですけど、普通のキャンプ地みたいな人間の手が入っている場所にもクマが出るんですねー…。
自然っていいな、といいたいところですが、怪我人や、もしくは死者が出るかもしれませんから、対応策が必要ですね。
  


女子中学生キックで熊退治、キャンプの危機を救う。
http://news.livedoor.com/article/detail/3738423/女子中学生、テント押すヒグマ撃退 妹と思い蹴る、知床
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/K2008072002180.html女子中学生がヒグマ撃退 妹のいたずらと勘違い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080721-00000948-san-soci
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 気になるニュース速報. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。