スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
都庁勤めの課長自ら4段階降任
都庁の新入社員の数は、毎年1000人だとか。
すごいですね。同期が1000人もいたら、同期の飲み会、どうなっちゃうんでしょうね(笑)
幹事も大変ですね(笑)

1000人も毎年採用されるけれど、出世ができるのは、50人に1人くらいらしい。
50分の1とは、かなり狭き門ですね。
小学校の2クラスに一人くらいですもんね。

そんな狭き門をくぐりぬけて、出世した課長が、なんと自ら望んで、4段階降格して、主任になったらしいです。
月収で20万円以上、退職金で数百万円減ることになるらしいのですが、自ら降格したらしいです。
理由としては、普通なら、大病を患った…とかしか思いつかないんですが、この男性は、別にいたって健康体のようです。
ただ、長く一線で働くうちに仕事や人間関係などで、少しずつストレスをため込んでいったことも事実のようです。

お金は減ってしまうけれど、この男性にとっては、それよりももっと大事なことを自分の中で見つけたのでしょうね。
いろいろストレスがありますからね。。。

この男性、昔、主任だった頃が一番楽しかったんじゃないですかね?
お金でだけじゃなくて、一番充実していたときに戻りたいって、思ったんじゃないでしょうか。
今は笑って仕事ができているみたいで、本当によかったですね。



都庁式スローライフ? 出世捨て課長自ら4段階降任
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080701-00000990-san-soci&kz=soci

関連記事
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/139885/
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/154360/
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/138689/

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 気になるニュース速報. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。