スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソフトバンクが15か月連続純増 No.1
ソフトバンクが15か月連続純増 No.1


先月でソフトバンクモバイルが、15か月連続
純増数ナンバー1になりました。
もう1年以上も連続でナンバー1なんですね。


純増数が1年以上ナンバー1っていうのは
すごい。
なんでこんなにずっと伸びているんでしょうね。
やっぱりTVCMなんかで、家族でソフトバンク
というイメージを植え付けた結果なんでしょうか。
学生向けの月額基本使用料0円が3年間続くと
いうホワイト学割も終了したので、学生の取得も
難しくなったと思ったのに、やっぱり純増数
ナンバー1のままでした。


先月のことなので、ホワイト学割終了後ですが、
それに代わって、iphoneの発売があったので
その影響もあってのナンバー1なのかもしれません。


意外にiphoneの利用者は少ないような気がしていた
のですが、そうでもないのですね。
7月のソフトバンクの携帯電話契約数の合計は
1億403万9,900件で前月から0.4%増加だそうです。


これで、純増契約者数は、トップから

ソフトバンク  24万5,400件、
NTT ドコモ  9万4,200件、
イー・モバイル  6万5,000件。
KDDI および沖縄セルラー(au) 1万7,000件

となったそうです。


純増数でいえば、ソフトバンクはぶっちぎりですね。
以外にAUの純増数は少ないですね。
ドコモと逆のイメージがあったのですが。
しかも、KDDIは転出超過になって
しまったらしく、初めて、転入よりも転出の方が
多くなってしまったらしいです。
TVCMもバンバンやっているし、
人気かと思ったAUですが、最近は低迷していますね。


逆に健闘しているのはイーモバイルです。
たった980円で24時間通話無料ですから
セカンドケータイとして飛びつく人が多そうです。


純増契約者はSBの独り勝ちですけど、
全体の契約数を見ると、やっぱり多いのはドコモ
です。

累計契約は
NTT ドコモが 5,372万2,800件
KDDI および沖縄セルラー(au)が 3,032万1,900件
ソフトバンクが 1,932万7,100件、
イー・モバイルが 66万8,100件


累計契約者数は だんとつでNTT ドコモがトップ
です。日本人の携帯ユーザーの約半数の人はドコモ
を使っているんですね!
さすが王者ドコモです。
これからこの割合がどう変わっていくのか楽しみですね。




TCA、7月度の携帯契約数を発表――ソフトバンクが15か月連続純増 No.1 に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080807-00000027-inet-mobi

携帯各社の7月純増数 ソフトバンク首位、iPhone効果で顧客獲得加速
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080808-00000010-fsi-ind

番号ポータビリティー、KDDI転出超過
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080808-00000064-san-bus_all

2008年7月の携帯電話契約数 - iPhone人気でソフトバンクの契約数が急増
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080808-00000000-myc-sci

<携帯電話>ソフトバンクが純増数15カ月連続首位 7月
http://news.livedoor.com/article/detail/3766341/

ソフトバンクモバイル、15カ月連続で純増数トップ--TCA調べ
http://news.livedoor.com/article/detail/3766193/

au、MNP後初の転出超 「iPhoneの影響あった
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0808/07/news092.html

「ソフトバンクはGoogleに次ぐ世界2位のネット企業」と孫社長
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0808/06/news017.html

番号ポータビリティー、KDDI転出超過
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/m20080808002.html

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 気になるニュース速報. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。