スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京の通話料、3割低下
東京の通話料、3割低下


総務省が発表した調査によると、
携帯電話の1分当たりの通話料金は東京が
前年度と比べ31%安い27・3円に低下した
というニュースが発表されました。


これは国民にとって、嬉しいニュースですね!
この結果に繋がった要因としては、NTTドコモ
が月額基本料を大幅に安くする新料金プランを
導入したことがあげられます。


やはり国内の携帯事情は王者ドコモの動向に
かかっているのでしょうかね…。
なんせ、国内のモバイルユーザーの約半数が
NTTドコモを使っているんですもんね。


この、日本の通話料金は、世界の主要7都市の
中では4番目の高さで前年度の3位から順位も
下がったようです。
総務省は料金水準の評価を前年度の
「高い」から「平均的」に変えました。


しかし、携帯電話の通話料は、世界的に見ても
今までは高かったんですね。
「高い」と感じるのは間違いじゃなかったんだー
と思いました。
最も安かったのはニューヨークで10・9円
だそうです。
10・9円…これは、安いですね。
日本だと、プランにもよるけど、20円~30円
が普通ですよね。
10円台は、よっぽどたくさんの無料通話がついた
プランじゃないとありえませんね。
SBのダブルホワイトだと、それに比べたら安いです
けど。


でも、最近は固定電話との通話料金見直しなど、
各携帯会社ともに、値下げに力を入れてきている
ようでうれしいです。
今までは、携帯にいろんな機能つけたり、
分かりにくいプラン考えたりばっかりしていた
けど、ユーザーが一番望んでいる、通話料に
ついて見直すことが、ユーザー獲得につながると
やっと気づいてくれたのかなぁと思います。



東京の携帯通話料3割低下 ドコモの新料金プランが要因
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080812-00000902-san-soci

携帯電話料金の国際比較、東京は平均的--総務省調査
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20378430,00.htm

東京の通話料、3割低下
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/m20080802011.html

ワンセグTV人気 シンプル機能で携帯と住み分け
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0808/12/news018.html

KDDI:固定電話間、au携帯電話とKDDI固定電話の国内通話が24時間無料になる「auまとめトーク」サービスを8月から開始。
http://news.livedoor.com/article/detail/3700148/

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 気になるニュース速報. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。